2011年12月17日

伊上勝評伝

伊上勝

特撮において、彼の名を知らないものはモグリだ、と言えるくらいの立役者。

仮面ライダー、仮面の忍者 赤影、隠密剣士、悪魔くん、サイボーグ009、河童の三平、超人バロム1、変身忍者嵐、人造人間キカイダー、ロボット刑事、イナズマン、勇者ライディーン、5年3組魔法組、アクマイザー3、忍者キャプター、超神ビビューン、大鉄人17、なんてのは、私もしっかり?見ていた特撮&アニメである。もちろん、これは抜粋。ついでに言うと、水戸黄門などもあり。

これも?え、これも??と読めば読むほど、自分が彼の脚本に育てられたような気になるラインナップである。
そして、何よりも読みごたえがあるのは、息子の井上敏樹による父の回想である。
プロの物書きとしての井上敏樹の家族の記憶ももちろん素晴らしいのだが、それ以上にぐっさり来たのは、同じプロとしての客観的な分析であった。
補足として、彼は言う。
「見方を変えると、父の限界は、当時のヒーロー物の限界を物語っている、と言えなくもない。」
ヒーローものの誕生は、我々一般人の安全への欲求がその土壌となっており、町のチンピラから救ってくれるお兄さんを待ち望んでいる。
だが、このお兄さんがチンピラから私たちを救ってくれた後に取る、一番ありがたい行動は何か。
「黙って立ち去ってくれる事だ。」
「ウルトラマンを最初に考えた人間もこのあたりの事情をよく分かっていたに違いない。」
「究極のヒーロー性という点で同種なのだ。」
巨大な宇宙人としたことで、我々と関わりにくくし、さらにカラータイマーという保険がついている。ウルトラマンは、3分の間に怪獣を倒し、なにも語らずに宇宙に消える。
「ウルトラマンという存在は、実はヒーローものの原型を壊さないための強力なロックになっているのだ。」

という敏樹は、当時の究極のヒーロー性を、我々とは交流を持たないことを理想のヒーローとしている。交流を持つはめになったとしても、強者であるヒーローと弱者である我々とは対等な立場に立てない。だとすれば、ヒーローは助けたものとの関わり合いを持たず、持とうとせず、黙って立ち去ってくれればよいのである。そうすれば、助けられた我々も、ヒーローに気を使うことをせず、報酬も、見返りも、何も考える必要がないからである。

10年前の対談では、「ウルトラマン=巨大化、はダサい」と言っていた敏樹の最近になっての考察で、私は「なぜウルトラマンは正体を明かさないのか」という謎に少し近づけた気になりました。

メビウスは、その意味で新しい作品だし、ティガはその意味で最後の作品、って感じなのかなあ、なんて。

伊上勝、という人の評伝を読んだはずなんですが、なんだか特撮の変遷を見るような気持になりました。


酔っぱらっているので(ヲイ!)またしても文章がまとまらないけど、とりあえず。
posted by イラ at 00:54| Comment(0) | 読書

2010年04月01日

テレビマガジン特別編集 仮面ライダー555

テレマガ特編。
これもやっとやっとやっと入手。
(私にとっては)高かった・・・。ほぼ定価。いや、送料入れたら、定価じゃきかんが。
はっはっはっ。
いやまあ、ブレイドの超全集の5000円とか7000円とかよりはマシだし、555でも超全集の下巻はほぼ4000円とか言う高値だから、いいことにする。(いいのか?!)
それに、特撮はやっぱりテレマガ特編は基本だし!基本だし!!

さて。
超全集と違って、こちらは大きいお友達向けなので、字も小さいし、漢字にもルビが振ってありません。
紙も薄いです。
記事もバッチリ。
オルフェノクがすべて写真付き&機能?つきで載っているし、ところどころの重要回?は、写真と記事がしっかりついてるし、Pやスタッフの談話も多いし、田崎リュータ監督もアギトG4,、龍騎最終回SP、パラロス、と3作に対する談話を載せてるし、何よりもすごいのは、1話ずつの簡単なあらすじに、白倉Pの一言がついていること。

戦うことが罪なら、の回は、やっぱり巧はオルフェノクでもある自分がオルフェノクを殺すこと、元人間であるオルフェノクを殺すことは人殺しにもつながること、というところまで考えた上で(追いつめられた上で)、戦うことを決意している、というのをちゃんと意識してやっていたんだー、とか、1話ずつ、こちらで勝手にどうなんだろう、と考えていたのが、ちゃんと製作側が意識して作り上げていたのがよーーーーくわかりました。もう、掌の上でしっかり転がされてますとも。
極彩色の龍騎に対して、モノトーンの555、とか、龍騎よりはアギト寄りに作ろうと思ったけれど、アギトがミステリー重視であるのに対し、555は人間ドラマ重視、とか、4番目だからXの順番でメカニカル、というのを石ノ森プロも考えていた、とか、本当はライダーは辞めようかと思っていた、とか、ブラスターから複眼がロープになってる(それまではコード。本当だー!)、とか、とか、とか、とか、もう、とっても面白かったです。
いや、思い切って買ってよかったです。

でもって、51話!幻の51話!そうか、打ち上げ用だったのか・・・。
うわーん、見たい。見てみたい。・・・絶対無理だけど。。。

超全集の下巻、どうしようかなあ・・・・。
(そのうち、補完ファイルとか、ヒロビとか宇宙船とかも来るはずだけど。って買い過ぎ・・・。きゃー!)
posted by イラ at 11:57| Comment(0) | 読書

仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々

やっと、やっと、やっとのことで入手。
古本には300円以上は払わない!(除・洋書)というポリシーを曲げて、ほぼ定価でゲット。
出回っていないからか、定価以上の値段をつけているところも多かったので、まあ、よしとする。

草加とか沙耶ちゃんとか結花ちゃんとかのディテールは、ネットで先に知っていたので、どちらかというと巧と真理ちゃん狙い。いや、狙い、ってのも変ですが。

以下、簡単な感想兼覚書き。

・噂には聞いていたが、字が大きい!夏目漱石もビックリ!2週間で書き上げた、と言われれば、ああ、そうかもなあ、なんて。いや、すごいけど。
・真理ちゃんの誓いは、なんだか胸が痛いけど、ちょっとわかる気がする。
・でもって、草加を助けてきた真理ちゃんは、草加だから、じゃなくて、自分の誓いのためだったんだね。
・真理ちゃんから見た、たっくんは最初はこんな感じだったのかー、なるほど。
・ジャンケンに弱い巧、っていう設定はかなり笑える。弱いのか!
・あー、草加、やりそー、草加ならやりそー。でも、朝8時にはできないよなー。
・スマブレがないと、人間側の組織になるのか。確かに、オルフェノク側と人間側、どっちが組織化が早いか、って言うだけな気がする。人間側が早いとこうなるのかなあ、って感じ。
・結花ちゃんが相変わらず可哀そうで可哀そうで可哀そうで・・・。(涙)
・啓太郎は相変わらず天使のようだが、こちらの方がストレートで気持ちがいいかも。
・巧のギター設定は、TVでもやればよかったのにー。せっかく本人できるんだからさー。(歌も歌わなかったし、勿体ないー。ま、それが半田教授のいいところでもあり悪いところでもあり。)
・木場っち・・・。両親が死んでしまうのと、両親に拒絶されるのと。どっちがマシなんだろう・・・。(涙)
・海堂はこっちもいいなー。実にいい。なるほどねえ、ギターを弾くことで破壊衝動を抑えることができるのかー。ま、巧はあんまり関係ないみたいだけど。
・巧はどうして破壊衝動を抑えてたんだろう。何もかにも無関心になることで抑えてきたのかな。
・唯一?の巧の内面表記は、ギターを人前で弾くことは自分をさらけ出すことと同じだから、そんなことできるか、みたいな。・・・できないんだね・・・。
・真理ちゃんがすべてを打ち明けちゃうのは、啓太郎じゃなくて、巧なんだねえ。
・こっちの苛めのほうが具体的なだけに、結花さん、やっておしまいなさい。って気分になる。
・沙耶ちゃんがー!沙耶ちゃんがー!・・・手タレ、とは良く考えたね。
・真理ちゃんならいいと思った、という沙耶ちゃんの台詞は、あー、井上センセー、あんまり女の子のことわかってないのかにゃー、とちょっと思った。(私もわからんが。)
・複数のカイザ。ふーん・・・。でもファイズ・ギアはひと組だけなの?真理ちゃんの養親の遺品、てことだけど、新製品の試作品?(新製品ってのもなんだが。)
・それにしても、四肢をもがれた草加、って・・・。江戸川乱歩はヤリスギ。(苦笑)
・そうか、巧はそんなに前から真理ちゃんとご縁が・・・。
・ん?だとすると、真理ちゃんの誓いの相手は巧で、だとすると、真理ちゃんは巧との(勝手な)誓いのために草加を救ってきたのか。巡り巡って、巧が草加を救ってたってこと?・・・じゃあ、ちょっと違うけどある意味、映画と一緒か。(草加の中の人による。)
・あー、なるほど、たっくんは精神的外傷による猫舌(&熱い、暑いのが苦手)だったのか。だから、映画で記憶喪失になってる隆時代は、猫舌じゃなかったのね。なーるーほーどー。(って、これがTV版共通の裏設定と考えれば、の話だけど。)
・そして、やっぱり長生きできない巧。つか、はっきり書かれてるのはこっちか・・・。
・「だめだよ巧!死んじゃだめだ!」by真理ちゃん(涙)
・ラストシーンを巧に語らせる、ってのを二次創作で見たけど、あれもよかったなー。。。
・ん?ってことは、パラロス以外は、たっくんは早死にしちゃうのか・・・。
・草加雅人の中の人、もとい、村上幸平君の暑苦しいまでのカイザ愛は、よおおおおおっくわかりました。(笑)寄せ書き、長すぎ!井上センセー本人の何倍書いてるんだ!(笑)

・ただ、これを「正伝」と言われてしまうと、ちょっと困るカモ・・・。(苦笑)
でも、外伝、でも、異伝、でもないしなああ・・・。ティガの「白狐の森」とは位置づけがやっぱり違うもんなあ。

と、またしても555に浸っていたわけだが、よくよく考えると、異形の者としての巧は、実はモモタロスたちとちょっと立場が似てるんだなー、と気がついた。
自分の信念を貫くこと=自分の眷族を倒すことで、しかも戦う先には自分の消滅(死)が決定づけられている、というのが。(巧は、人を殺す、という意味合いもあるけど。だから、戦うことが罪なら俺が背負ってやる!なんだもんなあ。)
ただ、モモタロスたちは、結局、時間を手に入れることができて消滅を免れたけど、巧は死から免れない、というのが違うんだけどね。
でも、剣といっしょで、ある意味、自分のエゴを貫いた結果、寿命を左右してしまうとは言え自分のことである巧や一真と違って、良太郎の場合は自分のエゴ?を貫いたら、自分の仲間を消滅させてしまう、というのが、辛いところだなあ・・・。自分を犠牲にするよりも、他人を差し出す方が辛い気がするんだけど・・・。どうなんだろう???

それにしても、某所で、これを朝8時からリアルタイムで見ていた人たちは、どんな一日を送ったのだろう、という書き込みを見て、苦笑してしまった。確かに・・・。
(それに対するレスが、03はきつかった、戦隊が明るいのが救いだった、とあって、なるほどなあ、と思ってしまいました。今年がWでよかったよ・・・。)
posted by イラ at 11:56| Comment(0) | 読書

2010年03月01日

チーム男子 ライバル以上、敵未満 (転載)

一昨夜、『チーム男子』を斜め読み。
半田健人、で検索に引っかかったので古本を購入したのだが、小林靖子さんの記事(ご本人談話)もあって、サプラーイズ!一粒で二度おいしい気分。やったラッキー。
でもって、4人の腐女子対談がまた楽しそうで楽しそうで、もう、読んでいるこちらもとっても楽しかった。一石三鳥。
その対談の中にあったのが、「萌えは『ライバル以上、敵未満』」。
何、その言葉!そのフレーズ!
その場にいたら、私も、もろ手を挙げて雄叫ぶね。それそれ!それなのよ!!って。
ああもう、素晴らしい!こんなに私の萌えポインツをズバリといい当ててくれて、ありがとう!いい言葉!
そして、その「ライバル以上、敵未満」の相手に背中を預けるシーンがあると、それだけで萌え死にそうな気分。玄米30杯はイケル。一口30回は噛みしめちゃうね。
多分、幼少のみぎりより慣れ親しんだ「イブの息子たち」&「エロイカより愛をこめて」できっちりがっちり刷り込まれたんだと思うんだけど、この「ライバル以上、敵未満」という関係が、私の萌えのものすごーい根底&基本部分にあるんだろうな。いっそ、人格の礎、基盤を構成しているかもしれん、ってほどに。
ライバルって、相手の実力を評価し認めた上での一種の信頼関係みたいなものの上にしか成立しないわけだから、信頼関係ももちろん成立してるんだよね。信頼関係は大切。つか、それだけですでに燃えに萌える。
このフレーズ自体はテニミュの曲の中にあるらしいんだけど、このフレーズを考えてくれた人、ありがとう!これからはもう、迷わないyo!
そうかー、だからファイズとブレイドに萌え滾るんだな。ファイズなんか、もう、萌えの宝庫なわけだ。この関係だらけだもんね。(さっきもファイズ見てたし。)カブトも、ガタックとカブトが実力的に肩を並べた時点で萌えたんだな。でもって、ライバル以上敵未満の関係の複数ライダーなのに、それがまた共闘するから(背中を預け合うから)、さらに萌え萌えなんだなー。うひゃー。

ま、もちろん、信頼し合ってるけど慣れ合わない、チーム男子、という、ちょい希薄な連帯感も大好き。はい。チーム男子ってよく言ったもんだなあ、と読んでみて、感心しちゃいました。いや、がっちり仲間!ってのもいいんだけど、単になかよしなのはつまんないの。慣れあったらもう、最悪。お互いの実力を認めあって、切磋琢磨してくれなきゃ、萌えない。
あー、だから、ティガとかメビウスとか、ついでに言うとV6とかも、メンバー内で仲がいいのはいいんだけど、二次創作などで、あ、慣れ合ってる!と感じた途端に、すーっと醒めちゃって、あー、とテンションが駄々下がって奇妙に引いちゃうのか。ふむ。
あくまで「仕事上で集まってる集団」、って言うほうが萌えるんだよね。うん。プライベートで仲が良くてもいいんだけどさ、仕事に支障をきたすようなのは言語道断なんだよなー。仕事をするために集まってる集団なのに、仲が良くても、悪い方向へ影響を与えるような関係性は意味ないもん。ならやめろ、って思っちゃう。
あー、だから、ティガの中でもレナとの恋愛は超がつく微妙なラインだったのかあ。。。

・・・あ、言っちゃった。

あー、この際、言ってしまうと、信頼関係はいいけど、恋愛は辞めてくれ!って感じだったのだ。大体、人類存亡のかかったものすごい危機が迫ってるのに、恋愛なんかしてる場合かよ!って。目の前の敵を倒すことに集中しろよ!って。いや、ホリイみたく、チーム外なら別にいいんだけど、チーム内は反則だろー。地球防衛の最前線で恋愛して慣れ合って判断狂ったりしたらもう、最悪どころじゃすみません。人、死にます。人類、滅びます。
大体さ、チーム内恋愛なんて、その二人を囲むチームのメンバーも困ると思うんだよね。だって、現実に会社で課内とかで職場恋愛されて、課の雰囲気をうまく保てるかっつったらビミョウなんじゃないの?私はやりづらくって仕方ないって思ったけど。きっちりけじめをつけてくれて、外で仲良くするだけならまったく構わないけどさ。
なーんて、自分も職場結婚してるから人のことは言えないけどね。
でもさー、地球防衛、なーんて設定だと、頼む!恋愛するのは、戦いが終わってから!やることやってからヤッテくれ!って思っちゃう。もちろん、ほのかな好意くらいは好きだし、それがちょい滲んでるくらいのは好物なんですけどね。ははは。もう、超がつく微妙なラインでフラフラしてるんだな、これが。
いや、嫉妬とかでギシギシしちゃって、うまく回らなくなってるチーム、ってのも見ごたえがあるかもしれませんが。(笑)
ティガで言えば、隊長とリーダーみたいに、好意は抱いているけど決して表には出さない、ってのが好きだったんだよねえ。いや、滲み出てるけど、そこがまたいいの。でも、言っちゃダメ!なの。
逆に、最終回はまだしも、劇場版のレナは、うがー!人格違うだろー!!開き直るなー!!!って感じだったなあ・・・。私的には、最終回のレナがよかったのは、もう、ぎりぎりのラインでうまーく立ち回ってくれたから。いや、もしかすると、セブンへのオマージュがあったから、かもしれないなあ。
レナは強く気高く男子と並んでまったく引けを取らない存在でいて欲しかったの。チーム内のお味噌になんてなって欲しくないの。ダイゴを気にしつつ、女らしくありつつ、ちゃんとチーム内で全く対等の存在のまま、大義のもとに戦いに参加する人であって欲しかったの。きー、何のためのエース・パイロット設定・・・。しくしく。
ま、ダイナのリョウも最終回だけ人格違ってて、おい!って思ったけどね。
ガイアのアッコは微妙だったね。。。ガムが子供でいてくれ多分、助かった、って感じか。
昭和はまた別モノですが。(でも、セブン以外はチーム内恋愛は無かったよね?エースはちょっと違うけど、恋愛、とは違う、強烈な連帯感だし、慣れ合いもない。あそこは特別です。)

ま、そのおかげでオハナシ書く気になったんだから、なにが幸いするかわかりませんな。(いや、オハナシを書くのが幸いかっつーとそれまた微妙だが。)

ま、個人の萌え、なんて、えてしてそんなもんですよね。ほほほ。
(ちなみに言えば、セブンのラストは、ダンが「アマギ隊員がピンチなんだよ!」って、アンヌを突き飛ばして出て行くところが、スゴイ!と思ったんですけどね。ええ。人類のため、とは言わないんだよね・・・。笑)
って、また、特撮に収斂しちゃったよ。ははは。
posted by イラ at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2009年03月10日

容疑者Xの献身

年内からお友達に借りていた『容疑者Xの献身』を今日、読み終わる。
というか、今日、風邪で休んだのをいいことに一気に読んだのだ。

借りてすぐ、電車で読もうとして、うわ、これは電車で読んだらやばいことになりそう、と思ってやめて、それ以来、なかなか時間が取れなくて読んでなかったの。

涙がボロボロ出ちゃって、ああ、電車の中で読まなくって正解!

読み終わってみて、冷静になってみると、プロの作家の構成力ってすごいなあ、とか思ってみたり。
過去と現在をどうやって組み立ててどう晒していくか、どうすれば伏線として成立するか、それが説得力を持つか、わかりやすいか、などは、自分的にモノを書いていて、課題なわけなのだが、その辺りも、うまいもんだなあ、プロってこう書くんだなあ、なんて感心したりして。

ついでに言うと、湯川が「福山」だというのは、ちらっとテレビで見て知っていたので、それも映像的に想像して楽しめた。石神って映画では誰がやってたのかしらん。

そういえば、これも映画化されたけど、「ジェネラル・ルージュの凱旋」も映画化されてたのねえ。「ジェネラル・ルージュ」の映画の宣伝で羽田美智子がいいともに出ているのを見てちょっとびっくり。「ジェネラル・ルージュ」は去年読んだ本の中ではかなり気に入った本だったのだけど、人気のある本ってあっという間に映画化されてるなあ、と改めて感心したのであった。(ちなみに、「ナイチンゲール」は面白かったけど、「螺鈿螺旋」はイマイチだったなー。というのは、まったくの蛇足。)
posted by イラ at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書