2009年02月23日

とっても久しぶりに

最近、ぶいろく関係でサイト巡りというのをしていなかったのですが、今日、珍しくしてみたら、おともだちのブログ(ここも久しぶりにお邪魔した)でとっても楽しいお祭りが紹介されているのをを発見し、お邪魔。

うわー、たのしそう!

久々に、体が冷え切るまで(この部屋寒いんだよう)テキスト部屋などを読み漁ってしまいました。

ああ、楽しみが増えて嬉しい!
そして、刺激されて自分も妄想など楽しめちゃったら、もっと楽しい!

うきうきした気分になったので、さっさと寝ましょう。
おやすみなさーい。
posted by イラ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | V6

2009年02月20日

間に合わなかったけど

剛ちゃん、30歳になられたのですね。
お誕生日おめでとうございます。

あの、独特な感性が好き。
天才だと思っちゃう。
あんなにちっこくて(失礼!)、うすくって、内臓なんて本当に入ってるのかしら、ってくらいの体から、発するオーラのすごさにくらくらしちゃう。

そうかー、30歳なんだ・・・。

これからのますますのご活躍を期待しております。
posted by イラ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | V6

2009年02月15日

トニコンDVD

実は、どうやらフライングゲットしていたらしい、トニコンDVD。
でも、フライングでゲットしたからと言って、フライングで見ることができるとは限らないのが、この世の常。(←大袈裟。)

ということで、金、土、日、と少しずつ見ております。

考えてみれば、ゲイノージン&ゲイノーカイに弱いわたくしが、V6というグループがいる、ということを知ったのが、2003年7月のこと。
ティガの『霧がくる』や「トモダチはタベモノ!」の『セカンド・コンタクト』のあたりでティガを好きになった頃は、まだ「長野博」のテロップのところに「(V6)」って書いてなかったし!(22話くらいでオープニングが変更になってから、やっと「長野博(V6)」になるんだよね。)

それから少しずつ、V6の情報を集めだして、それから怒涛のように嵌り始めて、やっと「20th.Century」というグループがあって、しかもそれがコンサートをやって、ということを知ったのに、その年の5月を最後にずーーーーーっとコンサートがなくって。

やっと!見ることができた〜!と思ったら、なーんとDVDも出してくれるという・・・。

うう、は〜るばる来たっゼ、メーキシッコ〜♪という気分ざます。

ということで、何はさておき、disk3ですわよ、奥様。
ええ、まずはこれ。(笑)
コンサートじゃないのか!という突っ込みはさておき(今までの前ふりはなんだったのか、って感じよね。)「トニセンぶらり旅」ですよ。(笑)どこのテレビ神奈川かってな素敵なネーミングの楽しい映像。
うひー。
ドーランを塗っていない、メークをしていない、私服のトニ!
イノの体の薄いことと言ったら、ぺらぺらのハムみたい!(注・褒め言葉です。)
サカモの手足の長さは蜘蛛みたい!(注・褒め言葉です。)
長野さんの色の白いセットしていない無防備な顔って子供みたい!(注・同上。)

ちょっと耳にしてしまった噂の真偽も気になるけど、でも聞かなかったことにして、おいしい映像を楽しむ。
やっぱり仲良しな三人がまったりぐだぐだしている映像は楽しいなあ。
ああ、じゅるじゅる。
こんな映像を見ることができる日が来るとはのう・・・。感涙しきりでございます。

かと思うと、「making」や「会議中」の映像を見ていると、今度は、こんなに真剣に(あの)コンサートを作ってくれていた(いる)んだなあ、と感激。
最初のコーラスを聞いた時には、う、音がやばいのでは、とか思っちゃったけど、練習を重ねるうちにだんだんと修正されていくものなのねええ。最後の方は、きちんと美しくなっていったものねええ。(←上から目線でごめんなさい。)
正直言って、サカモの歌と踊りには、どうもついていけないものを感じてしまうこともあるわたくしですが(音感とリズム感が合わないらしく、コンサート・2階最前で目の前で歌って踊られて、本気で酔ったことがあるのです。まあ、長野さんはそれ以前のものがあるけど。。。音を揺らさないで!もっと自信持って、ちゃんとポン!と音出して!)

閑話休題。

忙しい時間を縫って、本当に縫い繕って、寸暇を惜しんで打ち合わせて練習して打ち合わせて練習して、ひとつの作品としてのコンサートを作り上げていってくれるんだなあ、と感動したのでした。
そして、たぶん、最後の仕上げは、観客としての自分たちが参加することによって、コンサートって完成するんだろうなあ、なんて。

あれを見ていたら、なんだか自分のコンサートへの参加姿勢も考え直してしまいました。
そして、老婆心ながら、今年のトニコンに参加される皆様にも、どうか精一杯楽しまれていただけたらなあ、なんて。もちろん、言われなくても、きっと思いっきり楽しまれるのでしょうけど。だって、トニコンって本当に楽しいコンサートなんだもん!

ということで。

また時間を見つけては、なんとか見すすめていきたいと思っておりまする。
(Vコンは?!)
posted by イラ at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | V6

2009年01月12日

DVD

来てるんだけど、来てるんだけど、見てないー。
いつになったら見られるんだろう・・・。
行けなかったコンサートなので(しくしく)見たらきっと、とっても新鮮なんだろうなあああああ。


心優しい方、見どころや萌えどころなど、教えていただけると(咲にピックアップして見られるかも、なので)嬉しいです。
お待ちしております〜。
posted by イラ at 01:23| Comment(4) | TrackBack(0) | V6

2008年12月21日

ト、トニコン???

本当に毎年やるのか???

うひゃー、すごいぞ!
ラジオをメモった、とおっしゃる方の書き込みを見て、ビックリ仰天。

い、行きたい・・・・・・。(長野あたり、とか。)
行けるのか?
行けるのか?!
そして、チケットは取れるのか?
(お金はあるのか???←現在、未曾有の個人的大不況中。)
posted by イラ at 00:31| Comment(6) | TrackBack(0) | V6

フライパンと拳銃 備忘録(ネタバレあり)

11月末日に行った、ハズなので、もうだいぶ経っちゃったんだけど。
備忘録。















・入口がすでにお葬式で、笑った。
・でも、せっかくなら、お線香を焚き締めておいてくれればよかったのにぃぃ。

・最初に長野さんが出てきたときは、ああっ、ダイゴ!とか思った。(笑)
・しかも、ダイゴったらお言葉使いが「べらんめえ」。(ちょっと違うか。)
・でも、いつの間にか「ノリアキ」に。
・長野さん、色白いなー。
・やせたなー。
・綺麗な鎖骨だな〜。
・首筋のラインがきれいだな〜。
・でも、いいケツしてるなー。見惚れちゃうな〜。(←おっと失礼。)
(←いったいどこを見ているのか。)

・滝本、好きー。黒髪オールバックの東洋人に弱いのかも知れん。オガシンさんの「風間旬太郎」(だよね?)は今でも私のランドマーク。(言葉の使い方が違うか。)
・カザポンってかわいいんだなー。へー。しかもうまいなー。
・富田靖子ちゃんだ!
・黒川芽衣ちゃんは色っぽくていいなー。スタイルいいなー。

・これか!色っぽいシーンって!た、たしかに、ある意味、きわどいかもしれん・・・。
・松川、怖い。暴力反対!
・光雄さんというか、斎藤さん、好きなんだよねー。いいなー。
・京子さんというか、野川さん、うまいなー。
・喪服のたたずまいが、本当に、すばらしい。

・どうせなら、ゾンビでもうちょっと笑わせてほしかったかなー。

・それにしても、笑った、笑った。もう、超がつくほど、笑った。
・ああ、コレ、夫に見せたい・・・!・・・って思ったのは、長野さんのお芝居では初めてかも。
・それにしても、なーんだ、長野さんっていいじゃん、って思えるようになったよなー。最初のトニ芝居がアレだっただけに。(とまた失礼千万。)

・ああ、もう一回見たいなー。DVDとか出てくれたらいいのになあ・・・。(言霊言霊。)



というわけで、久々におなかを抱えて笑った、楽しい楽しいお芝居でございました。
posted by イラ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | V6

2008年07月28日

channel-a

おともだちに教えていただいて、channel-aの再放送を捕獲。
PCでの録画は失敗したけど(テレビの設定がおかしかったらしい。)一応、HDDには録画できているはず。
で、リアルタイムで、PC(テレビ)で途中からchan-aを見ました。

噂に聞いていた、剛ちゃんの私服も見ました。確かに、すっごい胸元が全開・・・。(笑)

トークは途中からしか見られなかったのですが、channel-a用に撮った、という「VIBES」は見ることができました。

まあ、曲は、フツウだなあ、と改めて。(笑)
でもまあ、夏らしいし、いいのかな?BGMで邪魔にならない感じで、明るいし。あんなにラップ部分が多いとは予想外でしたが。

でも、ラップ部分での長野さんの声がしっかり聞こえて、長野さんってこういうのがすごく似合うなあ、と改めて感心。なんか、サイボーグチックというか、機械を通したみたいな声でおもしろいんだよねー。
最近、自分が、もしかしたら長野さんの声に弱いのかも、と思い始めたので、声に注目してるだけかもしれないけど。
なんたって、昔の夢は「賀来千香子に名前を呼んでもらうこと」だったからなあ。
賀来千香子の声質と、長野さんの声質、ちょっと似てると思うんだけど、ちがうかしら?

で、ダンスのほうは、長野さんと岡田が、すっごいぴったりシンクロしていて、感動してしまいました。
岡田の上半身にも感心したけど。映画に向けて、なんだろうけど、すっごい鍛えていて、役者として本気で取り組んでいるんだろうなあ、なんてさ。
道具(武器)を使う格闘技は高度だよねえ。私たちなんて、いまだにヌンチャクどまりだが(しかも、なんちゃってヌンチャクだ。)棒術とか、十手、鎖分銅、鎖鎌、その他もろもろ、同じ道場での練習を見ているだけで難しそうだもんなあ。

ということで、見に行くことはないとは思うし、テレビ版も結局見ることがなかったけど、「SP」、がんばってね。(あ、もし、長野さんが出る、とかいうことになりでもしたら見に行くかも?!・・・言霊、ってことで。(笑))

明日は、HEY!HEY!HEY!だよね。取りこぼさないようにしなくてはー。

DVDシングルもそうだけど、コンサートももうすぐですね。
楽しみだなあ・・・。
(とか言いつつ、いまだに当落確認をしていないのだった。とほほ。)
posted by イラ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | V6

2008年07月12日

昔懐かし「ラブセン」

仕事中、急にラブセンが見たくなってしまって、居ても立っても居られないことに。

ああ、あの、痴漢撃退グッズの時のラブセンが見たい!
そして、身もだえするほど萌え萌えしたい!(←変態か?・・・いや、まあ、否定はしないが。)

ということで、夜中、子どもたちが寝静まってから、一人で一生懸命過去のDVDを探しました。
ついでに、Vシュラン・ハンバーガーの回も!
・・・と思ったのに、両方とも出てこないの。(しくしく)

代わりに出てきたのは、ラブセンはラブセンでも、武田修宏選手がゲストの時の回。
ううーん、ちょっと違うんだけど、ま、いっか。
ファイナライズしてなかったので、して、これでPCでも見られます。

久々に見たラブセンは、今、カミ長萌えしているわたくしにとって、神のような番組でございました。
長野さんのスーツ姿も、カミちゃん達のスーツ姿も、萌えです。
まだ、岡田が若いです。(なんかね、まだちょっとひよひよしてるのさ。最近はなんか、ほら、自信に満ち溢れてる感があるでしょ。(笑))

すばらしいです。
萌え萌えです。(←やっぱり変態。)

ついでに、武田選手もとい、武田元選手もすばらしかったです。いやー、彼は真面目だねえ。プロの選手ってみんなそうなんだろうけどさ。派手に見えても、自制心の塊でなきゃ、プロの選手生命なんて超短命に終わっちゃうもんね。
と思いだすと、過去に、某女性誌でジャニーズ担当だったことのあるママ友が言っていた「デビュー組はなんだかんだ言って、みんなすっごいまじめだよー。」という言葉を思い出したり。

はー。ラブセン、いいなー。
もう一回、ゆっくり(長野さんの回だけ)ゼーンブ見たいな〜。


ガコイコも終わっちゃうという噂がまことしやかに流れているようだけど、V6番組は残るみたいだし、だったら、いい番組を作ってくれるといいな〜。
でも、ガコイコの(本来の)コンセプトはいいと思ってたんだけどね。実践は難しいというか、理想(本来の学生応援プロジェクト)と現実(視聴率争い)は違う、ということなんでしょうな。うん。
いっそ、NHKでやってもらうか?(でも、NHKも視聴率気にするらしいからな。だめか。)

というわけで、まだしばらく、「ラブセン」ほか、過去映像を楽しみたいです。うひー。
posted by イラ at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | V6

2008年05月18日

トニコン!

昨日の昼の部のトニコンに参加してきました。

2階席だし、こんなに見下ろす状況では、とある意味あきらめて、ほとんど双眼鏡も使わず。
でも、全体が楽しめたのでかえってよかったかも。

初めてのトニコンは、もう、どこもかしこも楽しいの。
最初の告知?から、いや、最初に渡される3Dメガネからして、何から何まで楽しいの。
おおー、歌ってる!踊ってる!!久々のナマだぜ!!!(ってプロデューサーズは行ったけど。)
サカモのかっこいいソロ(でいいんだよね?)の後のルッキン・ザ・ワールドは、これってギャグなの?あれ??って感じでしたが、さらにパワーアップして、急げ若者!だし、もう、うひー、コレがトニコンなのね!って感じで、楽しい楽しい。
演歌(サチコ?)もステキだし、イノハラさんのお誕生日もおめでとうだったし、トニセンゴーゴーゴーもとっても楽しかったし。何だよ、その小芝居は!っていうアンコール?も楽しかった。
だけど、私が一番腹を抱えて笑ったのは、「サムライ」でしょうか。
ああいうのって、大好きなんだもん!
そういえば、大学のときに、先輩が「熱き心に」(@小林旭)を歌うのを、さびの部分でみんなで「冬のリヴィエラ」(@森進一)を合唱して邪魔したりしていたなー、なんて思い出したりもして。

席に着く前に、「今日は収録用カメラが入ります」っていうアナウンスが流れたので、あれ?とおもったら、「DVDがでます!」って!!!

うひゃー、夢のような話だわ。
それに、「毎年トニコンができるように頑張ります」とか、もう、いったいどうしちゃったの?!っていう猛健闘?ぶり。
うれしいけど、うれしいけど、どこか信じられない気分だわ。思わずほっぺたつねっちゃうよー。


実は、今日は昼も夜も行くことになったのですが(きゃー!)、今日は1階席なので、同じ高さの彼らを堪能したいと思います。

Vコンも舞台も含めて、1部2部通し、しかも、オーラスって初めてなのよね・・・。
ぎゃー、楽しみ!
posted by イラ at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | V6

2008年04月30日

トニコン チケット &

来ました。やっと。
でも、一人で申し込んで、2公演のうち1公演は外れて、残りの1公演も追加に振替えだというのに、2階の後ろのほう・・・。(苦笑)
代々木とは違う会場だからどんな感じかわからないけど、これまた随分と席運のないこと。といささかガックリ。

お買い物の帰りの道すがら、やっと来たのに席が悪くてねえ、と長男に話したら
「じゃあ、いくのやめれば?」
と言われ、
「何言ってんの!やっと当たったチケットなんだもん、1回しか行けないんだもん、大事に大事に見るつもりなんだから、ゼッタイ行く!」
と叫ぶ大人気ない母。

はあ。
でも、5年ぶりのコンサートで、これが初めてで、1回しか見られないんだから、大事に大事に見たいと思いますー。
(でも舞い上がっちゃって、ワケわからないまま終わるんだろうなー。苦笑)



でもって、ジャニウェブの本の発売記念イベントも発表になりましたが、招待人数が60人って!

・・・60人っスか・・・。
そりゃあ、当たったらとっても少人数の夢のようなイベントになるんでしょうけど・・・。60人・・・。(がっくり)

まったく当たると思えないが、とりあえず応募しておきました。
まあね、クルグル・グルメノートもお茶碗もいただきましたもの。欲張りだとは思うけど、やっぱりイベントって憧れちゃうしー。前のトニ演劇本のイベントも、無理したけど、そりゃあそりゃあよかったしー。

・・・ま、楽しみに結果を待つことにします・・・。とほほ・・・。
posted by イラ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | V6