2010年03月15日

半田教授 視聴記録 9

仮面ライダーファイズ バトル・トークショー 視聴。

これ、すっごい期待してたの。
電王のとか、すっごい面白かったし。
ところが、どこかで見かけた覚えのあった、たっくん体調不良説。
どうやらコレだったらしい・・・。
24日分。
登場時にまずびっくりしたのは、ヒゲ!ヒゲ!たっくんにヒゲ!!!
しかし、出てきたときから声が出てない、顔が真っ白、動かない。発言は最低限、周囲はハイテンションで引っ張ろうとするけど、巧、黙りっぱなし。笑顔が全くと言っていいほどない。不機嫌なの?って最初思ったよ。(まさかね。)しかも、誰も巧に話を振らない。MCすら振らない。カメラも最低限しか抜かない。
やっぱりこれだけ細いと、体もあんまり丈夫じゃないのかしら、とか勝手に思っちゃったりして。ああ、さぞかし親御様はご心配なさったことだろうな、とかこれまた勝手に思っちゃうのが、母親目線、つか、ご近所のおばちゃん目線。
でも、最後の挨拶はびしっと締めてました。さすがでした。

で、一日たった25日。
たっくん、ヒゲのままですが、体調が復活したらしい。元気。すごい元気。顔も白くない。顔色が全然違う。24日と大違い。いいのか、こんなに違ってて。初っ端からサッカーボールでパフォーマンスして蹴ってます。サインボール?投げてます。24日は動かなかったじゃん!ろう人形だったじゃん!まっちろけだったじゃん!
そして、発言も多い多い、仕切る仕切る、ああ、やっぱりこっちが地なんだろうな。24日の巧ファンのお客様は気の毒だな。
で、多分、この日だよね、タキシードで尾崎紀世彦の「また逢う日まで」を熱唱して、観客の度肝を抜いたってヤツ。トークの最期の方はタキシード着てるんだけど、権利関係なのか、たっくんの歌はカットなんだよねー。(涙)それが聞きたかったのにいいいい!なんでカットするんだー!DVDのジャケット写真には、歌っているところもコラージュされてるんですが、DVDの内容には無いなんて・・・。しくしく。
そして、最後の締めのあいさつは、やっぱり19歳とは思えないんですけど、っていうしっかりしたもの。どうなってんだろう、この人・・・。

トークの内容としては、キャストのみなさんがすごく仲良くて、自分たちの役を楽しんで、みんなで楽しんで作ってくれたんだろうなあ、っていうのがとてもよくわかる感じだったので、とても楽しかったです。山潤さんとか、サイコーです。草加雅人は緊張してた。原田さんと言うか、三原君は、さすが、慣れていらっしゃる!というトークだった。あとは、スマレの栗原瞳ちゃんがよかったなー。
まあ、電王のトークショーとかの完成度と比べると、大変にグダグダなのですが、きっとステージ構成なども徐々に進化していったんでしょうね。(もしくは、当日の主役のまさかの体調不良で急遽の変更が多く、それで余計にぐだぐだになった、と言う可能性も無きにしも非ずだが。)
まあ、珍しい半田教授の隠せないほどの実録・体調不良、というのは、ある意味貴重な資料でございました。
posted by イラ at 16:14| Comment(0) | 特撮俳優
この記事へのコメント