2009年03月10日

容疑者Xの献身

年内からお友達に借りていた『容疑者Xの献身』を今日、読み終わる。
というか、今日、風邪で休んだのをいいことに一気に読んだのだ。

借りてすぐ、電車で読もうとして、うわ、これは電車で読んだらやばいことになりそう、と思ってやめて、それ以来、なかなか時間が取れなくて読んでなかったの。

涙がボロボロ出ちゃって、ああ、電車の中で読まなくって正解!

読み終わってみて、冷静になってみると、プロの作家の構成力ってすごいなあ、とか思ってみたり。
過去と現在をどうやって組み立ててどう晒していくか、どうすれば伏線として成立するか、それが説得力を持つか、わかりやすいか、などは、自分的にモノを書いていて、課題なわけなのだが、その辺りも、うまいもんだなあ、プロってこう書くんだなあ、なんて感心したりして。

ついでに言うと、湯川が「福山」だというのは、ちらっとテレビで見て知っていたので、それも映像的に想像して楽しめた。石神って映画では誰がやってたのかしらん。

そういえば、これも映画化されたけど、「ジェネラル・ルージュの凱旋」も映画化されてたのねえ。「ジェネラル・ルージュ」の映画の宣伝で羽田美智子がいいともに出ているのを見てちょっとびっくり。「ジェネラル・ルージュ」は去年読んだ本の中ではかなり気に入った本だったのだけど、人気のある本ってあっという間に映画化されてるなあ、と改めて感心したのであった。(ちなみに、「ナイチンゲール」は面白かったけど、「螺鈿螺旋」はイマイチだったなー。というのは、まったくの蛇足。)
posted by イラ at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
はじめまして。映画版「容疑者Xの献身」の石神役は、堤真一さんです。配役が発表された当初は、イメージに合わないと巷では非難囂々でしたが^^;太ったり髪を白く染めたりして、冴えない中年男を見事に演じていらっしゃいました。先日DVDも発売されましたので、機会があればぜひご覧になってみてください♪
Posted by もか at 2009年04月03日 21:58
はじめまして。書き込み、ありがとうございます。

石神役、堤真一さんだったというのは公式HPで知ったのですが、そうだったのですか、非難轟々だったのですか。でも、太ったり髪を白く染めたりして見事に演じきったのですね。すごいなあ。
そういうお話を聞くと、余計見てみたくなりますね。
DVDも発売になったのですね。テレビでもやってくれないかなあ。

教えてくださって、ありがとうございました。
Posted by イラ at 2009年04月06日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27499832
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック